愛着のあるランジェリーほど干し方を工夫して大切に扱おう

洗濯物は洗濯をした後に干さなければ何の意味もありません。
ぬれたままの洗濯物をきるわけにもいきませんし、長い間放置してしまいますと汚い細菌がたくさん繁殖してしまってにおいの原因にもなりかねません。
洗ったものはすぐに干すという習慣をつけることが欠かせません。

日光で干すのはあまりおすすめできない

洗濯物を干す場所といったら外で日光の力を使って乾かすという方がほとんどかと思います。
普通の洗濯物ならばそれで良いのですが、下着を日光に直接当てて乾かすのはあまりオススメできません。
といいますのも、生地の種類によっては直射日光が生地を傷めてしまうからです。
日光で干すと紫外線の効果もあって殺菌してくれるのですが、日光に力が強すぎて生地が傷んでしまうものも多いのです。
特に生地が黄ばんでしまうと、洗濯したにもかかわらず選択していないかのような状態に見えてしまいます。

乾燥機ばかりを使うのは下着の生地を痛める

ならば乾燥機を使えば良いのではと思われるかも知れませんが、これもオススメできる方法ではありません。
乾燥機は早く乾かすためにかなり強力な熱風を当ててきます。
普段使いの洋服とか、大して高くない生地のランジェリーであればそれでも良いのかも知れません。
しかしお高い生地を使っているものになりますと、熱風を当てることで縮んでしまったり生地が傷んだりします。
乾燥機の力が強すぎてかえって逆効果ということですね。

陰干しでじっくり乾かすと型崩れしない

では一体どうしたらよいのかといえば「陰干しをする」にかぎります。
元々ランジェリーはそれほど分厚いものではありませんので、陰干しであっても短時間で乾くでしょう。
もちろん脱水を忘れずに行った上で、じっくりと陰干しを行いましょう。
干すときには形を整えておくことをオススメします。
中には干すときにきちんと形を整えなかった結果、型が崩れてしまうという商品も存在するからです。

大切な愛着のあるランジェリーは丁寧に扱う

皆さんがお持ちのランジェリーにはどれくらいの愛着を持ってらっしゃるでしょうか。
普段使いのものならばまだしも、今日は本気になりたいからというときに使うランジェリーともなればより丁寧に扱うことが必要になるかと思われます。
大切な大切なランジェリーに関しては、洗濯の仕方に気を遣うのと同様乾かすときにも乾かし方にぜひとも注意を払っていただきたいと思います。
そうすることでより長く愛着のあるランジェリーを楽しめますよ。