洗剤一つでランジェリー下着の寿命は大きく変わる

綺麗に汚れが落ちる洗剤を各社こぞって開発しています。
洗濯機に入れる洗剤だから、別に何でもいいじゃないかと思われるかも知れませんが洗剤一つで汚れの落ち方や洋服についたにおいの落ち具合が断然変わってしまうのです。
また、香料入の洗剤ならば自分の好きな香りで洋服を楽しむことも出来てしまいます。

汚れが落ちれば何でもいいというわけではない

世間で売られている洗剤は、「汚れがよく落ちる」というものと「昔ながらのシンプルな洗剤」に大きく分けられます。
シンプルな洗剤は界面活性剤とか、アルカリ成分がたくさん含まれている良くも悪くも昔からある洗剤です。
一方で汚れがよく落ちる洗剤はたくさんの有効成分を配合し、簡単に汚れが落ちるよう工夫されています。

生地を痛める洗剤も存在する

ところが汚れがよく落ちる洗剤は、汚れを落とすための成分をたくさん配合したために生地を傷めるようなものも多数存在します。
代表例としては「酵素入り」の洗剤です。
下着を洗うときに「汚れやにおいが強くついてしまったから、酵素入の洗剤で綺麗にしてしまおう」とお考えになられる方は多いかと思いますがその判断がかえってあなたの下着を傷めてしまうことがあるのです。
酵素入の洗剤は、汚れはよく落とすものの衣類の生地に対してはあまり良い影響を与えないということがよくあります。
普通の化学繊維とか、綿製品程度ならば良いのですがパンツやブラジャーに使われている特殊な生地に対しては強力すぎるのです。

色が変わってしまう洗剤もやめておこう

また「蛍光剤」と呼ばれる成分が入った洗剤も存在します。
蛍光剤の入った洗剤を使いますと、色を変色させてしまう恐れがあります。
ランジェリーの中には美しい色をしたものも多数存在しますが、蛍光剤入の洗剤を使ってしまった結果見るも無惨な色合いになってしまったということも少なくありません。
洗剤を購入する前に蛍光剤の有無を確認しておきましょう。

気に入っている下着ほど綺麗に取り扱う

皆さんがお持ちのランジェリーの中にもたくさんお気に入りのものがあるかと思います。
気に入っているものだからこそ、普通の洋服を洗うときに使う洗剤とは区別して生地をためないような洗剤を使いたいですね。
生地を傷めない洗剤は、ドラッグストアやホームセンターなどの店員さんに尋ねてみても良いですし昔ながらの石けんで洗うのも良いでしょう。
丁寧に洗うことで寿命も長くなりますよ。